駒ケ根高原に「カップルシート」 21日完成記念イベント

LINEで送る
Pocket

駒ケ根高原を”結婚式の聖地”にしようと取り組む「駒ケ根高原『幸せの森』ブライダル協会」(嶋村幸雄会長)は、駒ケ根市菅の台にある駒ケ池東側にカップルシートを設置する。中央アルプスの雄大な眺めを楽しめる池のほとりにカップル専用のシートを設け、新たなデートスポットとして発信していく考え。21日にはシートの完成を記念したオープニングイベントを現地で開き、デザイン採用者の表彰やカップルシートで愛を伝えるコンテスト、プロカメラマンによる写真撮影などの催しを企画している。

同協会は市内でブライダル関係の仕事に携わる有志らで組織。駒ケ根高原一帯の美しい景観や豊かな自然、歴史的建造物などの地域資源を活用した結婚式を提案している。シートの設置には愛を育む段階からカップルたちの”聖地”をアピールする狙いがあり、昨年6~10月にデザインを公募。県内外から97点の応募があり、関係者による審査で採用作品を選んだ。

シートは21日までに設置し、オープニングイベントに合わせてお披露目する計画。嶋村会長は「遠目から見ても目立ち、景色に合ったデザイン。写真を撮れば印象に残るものになりそう」とし、活用を期待している。

同協会では21日午前10時30分から、カップルシートに座って愛を伝えるコンテストを開催。相手に向かって愛の言葉や感謝の言葉を伝える参加カップル15組(先着順)を募集している。参加者には全員に賞を用意し、シートで撮影したフォトフレーム付き記念写真、オリジナルアクセサリー、協会発行の記念書類「幸せ届け」、駒ケ根高原リゾートリンクスでのランチバイキングをプレゼントする。

正午からは、一般向けの関連イベントとして「幸せの森ウエディングフェア&幸せな写真展」を同高原の郷土館(旧市庁舎)で開き、ブライダル関連のアイテムを紹介。来場者にはカップルシートや郷土館で撮影したスナップ写真をプレゼントする。

コンテストの対象は、当日会場を訪れ、大勢の前で愛や感謝の言葉を言えるカップル。未婚、既婚、年齢は問わない。参加希望者は名前、住所、性別、年齢、携帯電話番号、相手に伝えたいことを明記し、ファクスやメールで申し込む。問い合わせ、申し込みは協会事務局のリゾートリンクス(電話0265・82・8511、ファクス0265・82・8522)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP