「亀屋一福」きょうオープン 下諏訪

LINEで送る
Pocket

食祭館の一角にグランドオープンする亀屋一福

下諏訪町の大社通りにある観光商業施設「門前ひろば食祭館」の一角に1日、テークアウト専門のスイーツ店「亀屋一福」がグランドオープンする。若者に人気の韓国スイーツ「クロッフル」やソフトクリーム、コーヒーなどを提供する。諏訪大社下社秋宮にほど近く、周囲には歴史を感じる街並みが残るなど見どころが多い立地条件から、同店では「まち歩きの拠点」にもしていきたいとしている。

亀屋一福は、RAKO華乃井ホテルや聴泉閣かめや、食祭館などを経営する諏訪湖リゾート(白鳥和美社長)の直営店。以前別の飲食業者がテナントで入っていた食祭館入り口右側の一角で、今年3月中旬からプレオープンしていた。

メニュー開発では、授業の一環で旅行商品を考えるなどRAKO華乃井ホテルと交流があった諏訪実業高2年生(新3年生)3人の意見を参考に、クロワッサン生地をワッフル焼き器で焼き上げた韓国発祥の「クロッフル」を提供することにしたという。

温かい焼き立てのクロッフルと冷たいソフトクリームを組み合わせた「くろっふるソフト」も提供。ソフトクリームは、地元の酒蔵「諏訪御湖鶴酒造場」の酒かすを使用したものや小豆など数種類から選ぶことができる。コーヒーやフルーツジュースも厳選素材を使用。使用するカップは紙製、スプーンは木製にするなど環境にも配慮している。

白鳥社長は「店名にはほっと一息ついてほしいとの願いを込めた。下諏訪は歩いて観光を楽しめるまちで、観光客や地元住民が気軽に立ち寄れるまち歩きの拠点にしていければ」と話している。

4月の定休日は月、火曜。営業時間は午前10時~午後4時。問い合わせは食祭館(電話0266・26・4932)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP