萱野高原の安全祈願 箕輪町観光協会が山開き

LINEで送る
Pocket

今シーズンの安全無事を祈る町関係者たち

箕輪町観光協会(唐澤荘介会長)は17日、2022年度の萱野高原山開きを行った。標高1200メートルの山頂近くに鎮座する夫婦神社前で神事があり、同協会関係者ら30人ほどが参列。観光振興やシーズン中の安全無事を祈った。

神職の祝詞、関係者による玉串奉納などの後、唐澤会長が「ここは三つの日本アルプスが見られる町の観光地。地元の皆さんの協力で環境整備が行われていることに感謝する」とあいさつ。「さらなる発展に向け、皆さんの協力をお願いする」と呼び掛けた。

協会によると、同高原は伊那谷や日本アルプスを一望でき、「信州のサンセットポイント100選」にも選ばれている名所。一帯には遊歩道が整備され、例年だと5月の大型連休にはソメイヨシノ、イワヤマツツジ(ミツバツツジ)、ミズバショウが楽しめる。

山頂付近にある町の宿泊施設「信州かやの山荘」は、老朽化により利用者の安全が担保できないため、今年度は休業する。隣接する萱野高原キャンプ場は、今季も営業を行う。営業期間は18日~11月11日を予定する。

おすすめ情報

PAGE TOP