キックバイクで快走 宮田村で2輪車レース

LINEで送る
Pocket

ゴールを目指し、キックバイクで快走する子どもたち

宮田村公民館は7日、ペダルのない2輪車「キックバイク」で走行を楽しむ「ランバイクレース みやさんカップ」を村民会館前広場で開いた。村内の2~5歳児17人が参加。青空の下、保護者らの声援を受けながらレース気分を満喫した。

コロナ下で外出が制限される中、村内の子どもたちに思い切り楽しんでもらいたいと企画。昨年10月に続き、2回目になる。

レースは村民会館前の芝生広場に設けた約100メートルの周回コースで実施。順位は付けず、年齢別の4部門で、3歳以下は1周、4歳以上は2周走った。

レース開始の合図と共に、子どもたちは器用にバランスを取りながら地面を力強く蹴り、真剣な表情でコースを疾走。ゴール後には記念品のシールやあめ玉、メダルを受け取り、村イメージキャラクターの「みやさん」と笑顔で写真に収まった。

昨年に続き参加した子ども(5)は「楽しかった。1位になれてうれしい」と笑顔を見せていた。

おすすめ情報

PAGE TOP