御柱祭

上社斧取会総会 御柱祭へ新体制スタート

諏訪大社上社御柱祭の各地区斧取経験者らでつくる上社斧取会の総会が10日夜、茅野市のマリオローヤル会館で開かれた。会員約100人が出席し、会則を決めた後、役員改選で新会長に笠原工務所社長で宮大工の笠原秀章さん(67)=諏訪市中洲神宮寺=を選出…

全文を読む

御柱仮見立て 候補決まる 諏訪大社下社

2022(令和4)年の諏訪大社式年造営御柱大祭に向け、下社の御用材となるモミの仮見立てが9日、下諏訪町の東俣国有林で行われた。諏訪大社の神職、下社御柱祭に奉仕する岡谷、下諏訪、上諏訪の大総代、氏子ら約350人が山に入り、下社春宮、秋宮の境内…

全文を読む

歴史的にも立派 納得の風格と大きさ

「歴史的に見ても大変立派な候補木」―。9日、下諏訪町の東俣国有林で行った諏訪大社下社御柱祭の仮見立て終了後、御柱祭下社三地区連絡会議の北村卓也会長は晴れやかな顏で振り返った。秋宮一の候補木は1980年以降の過去7回の中で最も太く、目通り周囲…

全文を読む

次回御柱へ始動 下社御用材5月9日仮見立て

諏訪大社は26日、2022年の下社御柱祭の御用材仮見立てを5月9日に下諏訪町の東俣国有林で行うと発表した。前回に続き、東俣から御用材の提供を受けることになる。3年後の大祭に向け、氏子たちの機運が高まりそうだ。 発表によると、当日は午前7時3…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP