藤田さん宛の年賀状紹介 富士見で展示

LINEで送る
Pocket

版画仲間から藤田さんに届いた年賀状の一部を紹介している会場

富士見町富里の竹内新聞店2階にある「ギャラリー ツインバード」は、5日から版画年賀状展を開く。オーナーで木版画家の藤田泉さん宛てに全国の版画仲間から届いた約100枚を展示。縦15センチ、横10センチのはがきに込めた版画家のバラエティーに富んだ図柄や技法に触れることができる。2月5日まで。

藤田さんが版画の世界に踏み込んでから現在までの約40年で、出身地である静岡県を中心に全国各地の仲間から届いた年賀状の一部を展示。亡くなった先輩作家もおり、それぞれの個性が楽しめる作品を選んだ。

版画の種類は木版、銅版、紙版などがあり、2色刷りから彩色までさまざま。各年の干支はもちろん、浮世絵や富士山、合掌造りの家、幾何学模様などに表現された線の違い、凹凸まで含めた工夫を見ることができる。

藤田さんは「作品として優れているだけでなく、年数を重ねて物語が感じられる人の年賀状もある。描く、彫る、刷るの工程を一人でやる現代版画のエッセンスの凝縮を見てもらえれば」と来場を呼び掛けている。

入場無料。金~月曜日の午前11時~午後5時開館(不定休あり)。問い合わせは藤田さん(電話090・1989・1682)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP