御柱祭パンフ作成 諏訪地方観連情報センター

LINEで送る
Pocket

諏訪地方観光連盟御柱祭観光情報センターが作った御柱祭のパンフレット

諏訪地方観光連盟御柱祭観光情報センター(諏訪市)は、2022(令和4)年に行われる諏訪大社御柱祭の概要や氏子の思いをまとめたパンフレット「御柱祭」を1万部作った。祭り期間以外の誘客につなげようと、諏訪地域の見どころも取り上げ、発信している。6市町村の庁舎や観光施設で配布する。

A4判全カラーで両観音折り8ページ。木落し坂を下る御柱と男たちの勇壮な姿を描いた表紙は、絵本・挿絵画家の黒岩章人さんが手掛けた。続いて、大総代の笠原透さん(上社御柱祭安全対策実行委員長)と北村卓也さん(下社三地区連絡協議会会長)のインタビューを2ページにわたって掲載した。

御柱祭の日程や曳行ルートのほか、神宮寺騎馬保存会と下諏訪町木遣保存会や下諏訪長持保存連絡協議会など御柱祭に関わる人たちの思いも紹介。御柱年に各地で行われる「小宮」の御柱祭にも触れ、伝統文化を守り続ける人々の心意気を前面に打ち出した。

さらに、諏訪地域で堪能できる日本酒や食、温泉、自然を掲載し、通年で楽しめる観光地をアピールした。同センターは「御柱祭を知り、諏訪地方の魅力も知ってほしい。四季を通じて訪れていただければ」と期待を寄せる。

今月中にもホームページのデザインを一新する。祭りに関わる人たちのインタビューを掲載し、新たに英語ページも開設する。また諏訪地域のプロモーション動画(10分程度)を諏訪地方観連のユーチューブ公式チャンネルで公開する。御柱祭終了後も諏訪地域の情報発信ツールとして活用していく考えだ。

おすすめ情報

PAGE TOP