美味しく育って ベビーリーフで寄せ植え

LINEで送る
Pocket

ベビーリーフとハーブの寄せ植えを考案し、販売を始めた矢崎さん

原村の八ケ岳中央農業実践大学校野菜専攻2年の山崎友紀子さん(19)=神奈川県出身=が、ベビーリーフ(野菜の幼葉)やハーブの寄せ植えセットを考案し、同大学校直売所に並べている。「野菜の成長する過程を知り、収穫する楽しさを味わってほしい」と話している。9月ごろまで販売する予定。

山崎さんは昨年秋、指導する奥久司教官のアドバイスを受け、人気が出ている水耕栽培のキットなどを参考に、自分で育てることができる寄せ植えの販売を計画した。「直売所はどこにでもあるので個性を出したかった。お客さんに喜んでもらえたら」。「新鮮な野菜を好きな時にほしい量だけ採れる!」といったPRコメントを書いた表示や、野菜ごとに名前を記したポップを飾るなど、見た目も楽しめるよう工夫した。

販売は7月上旬から開始し、売れ行きは上々という。寄せ植えは、ベビーリーフのみ、ハーブのみ、ハーブとベビーリーフを合わせたものを用意。ベビーリーフは栄養価が高く、そのままサラダなどで楽しめる。ホウレンソウやルッコラ、パクチー、グリーンロメインなど10種類をそろえた。ハーブはパセリやスイートバジル、ディルなど(各セット500~800円)。植え替え用の苗も1個80円で販売している。

栽培方法は、ガラス温室で種から育て、10日後に植え替えをし、さらに10日間置いてから直売所に並べる。農薬を使っていないので「虫がつくと大変」と苦労も経験。「いろんな味を自家製サラダにして楽しんでほしい」と呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP