おシャレ授乳服でお出掛けを 前向き育児応援

LINEで送る
Pocket

機能性とデザイン性に優れた授乳服を着てアピールする公募親子8組

県助産師会は25日、出産・育児の応援イベント「国際助産師の日in南信」を伊那市西春近のかんてんぱぱ・くぬぎの杜で開いた。「みがけ女心!おしゃれをして出かけよう」をテーマに、公募親子8組による「授乳服ファッションショー」や、安産ノウハウ講座、ベビーマッサージ体験会など多彩な催しを実施。社会全体で子育てを支える大切さを訴えたほか、楽しく前向きな育児を提唱した。

モデルを務めた8人の母親は生後2~9カ月のわが子を抱いて、照明が当たるステージ上を歩いた。授乳服製造販売のモーハウスが協力。肌を露出することなく授乳でき、デザイン性にも優れた服を紹介した。伊那市西箕輪の薄木絵里香さん(34)は、生後4カ月の長女茉莉香ちゃんと一緒に大役に臨み「娘のいい記念になれば」と話した。

助産師が講師のベビーマッサージも人気だった。須坂市の外谷志穂子さん(34)=下諏訪町出身=は生後4カ月の長男航基君の足やお尻、頭などを優しくなでると「すごくうれしそうだった。実践していきます」。夫で会社員の政樹さん(30)も体験し「育児に積極的に関わりたい」と仕事、子育ての両立へ誓いを新たにした。

イベントは、国際助産師の日(5月5日)にちなみ、県内4ブロック持ち回りで開いている。実行委員長でもある県助産師会の鹿野恵美会長=伊那市富県=は「出掛けることは母親、また、子どもにとっても気分転換になっていいことですが、外出先での授乳に抵抗がある人もいる」と説明。「授乳服を活用して気軽に出掛けてもらい、子育てを楽しく、前向きなものにしていただければうれしい」と願っていた。

おすすめ情報

PAGE TOP